2012年06月01日

世界禁煙デー・イタリアの喫煙状況


ミラノ情報スタッフの堀越です。

5月31日は「世界禁煙デー」だそうですが、ご存知でしたか?

イタリアでも世界禁煙デー


イタリアが映画館での喫煙を禁止してたのが1975年11月11日そして、飛行機、電車、が禁煙となり、日本より早くイタリアではレストランでの禁煙が実施されました。

公共の場では禁煙

レストランでの喫煙が見つかった場合には27.5ユーロ〜275.00ユーロの罰金が科されます。

さらに今回、ミラノではこんな条例が出るようです。

「子供たちが遊ぶ公園での喫煙を禁止」

公園でも禁煙を実施


呼吸器科医師ハライ氏によると、両親のうちどちらかが喫煙者の家庭の場合、小児気管支炎はそうでない家庭と比べると22%発症率が上がるそうです。

まずは、市内、郊外を含めた8つの公園から禁煙を導入するそうです。
明るい緑の看板に「ここは子供の遊ぶ場所です!喫煙をしないようお願いします」と書いたものを掲示することから始めます。

さらに、そのほか50個の公園で禁煙キャンペーンを展開する予定です。

ミラノのサンジュゼッペ病院の呼吸器科院長のセルジョ・ハライ氏は、受動喫煙について、喘息発作の頻度が増加すると訴え、両親ともに喫煙者の場合は62%まで発症率が上昇する事実を明らかにしました。

ミラノにお越しの際、喫煙には充分きをつけましょうね。

by ミラノ情報スタッフ 堀越千鶴  horikoshi.jpg


イタリア旅行はイタリア専門旅行会社のイタリアエクスプレス

posted by ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 at 00:00| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月25日

イタリア北部地震とその後


ミラノ情報スタッフの堀越です。

さて、5月20日日曜日に北イタリアでマグニチュード6.0の地震が発生したニュースはすでに日本へも届いていると思いますが、なにせ地震慣れしていないイタリアです。
地震の後の対応もなかなかスムーズには行きません。

一番最初に映し出された地震の被害はこちらでした。

イタリア北部地震の被害

800年もの間、戦争にも耐え、爆撃にも耐え、雷にもまた大雪にも耐えた時計台でした。

地震の被害はこんなところにも。


地震により崩れたチーズ工場


かの有名な Parmigiano Reggiano(パルメザンチーズ)の産地です。
チーズを熟成させている棚が倒れて年間生産量の10%にあたる約8000万ユーロ(約80億円)農業分野の総被害額は約2億ユーロ(約200億円)に上るそうです。

倉庫だけでなく、製造工程に必要な機械、また牧場なども被害を受けています。

この棚から落ちて壊れたチーズは2年間かけて熟成させていたそうです。

ミラノがあるロンバルディア州は死傷者はでなかったものの、その被害はといいますと、教会、モニュメント、住宅、工場など約1億ユーロ(約100億円)の被害が出ているそうです。
特に、マントバの歴史あるドゥカーレ宮殿も被害を受け、現在、閉鎖中です。


天井が崩れ落ちそうです。

教会の天井も地震の被害に

そして5月25日の新聞によると、地震で棚から落ちて壊れてしまったチーズについて、もはや市場に出して売ることはできなくなってしまい、廃棄処分かと思いきや、地元の協会の方々の思いつきで、ローコストで販売をしようという動きがあるそうです。
いち早く察知した約900人は早速、メールでチーズ購入のリクエストを出しているとか。。。

2年熟成もので大体一キロ18ユーロから20ユーロが市場価格だそうです。

今からでも遅くない?購入リクエスト出してみませんか?


by ミラノ情報スタッフ 堀越千鶴  horikoshi.jpg


イタリア旅行はイタリア専門旅行会社のイタリアエクスプレスで!

posted by ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 at 13:00| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月22日

ミラノ・ショッピングでびっくりニュース!

ミラノ情報スタッフの堀越です。

今日はミラノショッピングで、びっくりニュース!

イタリア・ショッピング

この話の主人公は、とってもうらやましいご婦人。
大阪から来た日本人観光客で、この方は先週金曜日の午後、ミラノのブランド街にあるエルメスショップで1,940ユーロ(約20万円)のバックを購入した人でした。

いったい何が起こったのでしょうか??

レジでエルメスショップの責任者が日本人観光客の購入した20万円相当のバッグの免税手続きをし、カードでの支払い手続きをしてるまさにそのとき、となりではイタリア人が購入したバックを店員が包装していました。
包装が仕上がったのは不幸なことに同時、外見、大きさは全く同じ包装となって出てきました。

エルメスのバッグ


こうして、日本人は支払いを済ますと、手前にあった紙袋をとって店から出て行きました、が、実はこの紙袋、となりのイタリア人の買ったバックだったんです。イタリア人の購入したバックはクロコダイルのバーキン・留め金がプラチナという32,000ユーロ(約350万円)の価値だそうです。

店員が気がついたときにはあまりの事の重大さに気を失いかけたとか。。。そりゃそうですよね。

警察にも届けをだしたそうですが、盗難というわけでも紛失というわけでもありませんし、手の打ちようがなかったとか。

お買い物の際にはおつりの確認も大切ですが、中身の確認も大切ですね!

by ミラノ情報スタッフ 堀越千鶴  horikoshi.jpg



イタリア・ショッピングのお問い合わせもイタリアエクスプレス

posted by ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 at 22:00| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。