2014年11月27日

ベネチアではキャスター付きスーツケース禁止!

イタリアの主要観光都市であるベネチアでは、2015年からキャスター付きのスーツケースの持ち込みが禁止になります。

先日議会で決定した法律によると、騒音を防止するために、2015年5月より通常のゴム製、またはプラスチック製のキャスターが付いているスーツケースをベネチア本島内に持ち込むことを禁止するとのこと。

もともと車が通らないベネチアの静かなまちなかに、観光客がごろごろと音を立ててスーツケースを引いたり、商品を運ぶための、運送業者の台車が、夜中でも構わずがたがたを音を立てて通るのが、うるさくて、住民は寝ることもできない、という苦情が長年あったため、今回の条例が発せられることとなりました。

近年は、他の街では、中心地区への車の乗り入れを禁止しているところが多いのだから、ベネチアだって、
騒音公害を解消するために、スーツケースの持ち込みを禁止するのも理に叶ったところだろう。との意見がありますが、騒音を我慢できないのは充分理解できますが、法律でそこまで制限してしまうのか?と少々疑問に思うところでもあります。
将来は、公共の場所では、これも禁止、これも禁止、と制限だらけになってしまいそう。。。
しかも、「ベネチアの住民は免除される」というのも疑問の一つでもある。

さて、そういうことで、来年5月以降は、空気注入式のゴム製のキャスターなど、音がしないスーツケースのみ、持ち込むことが出来ます。

騒音のするスーツケースを保持しているところを監視官などに見つかった場合は(見張り監視員などを付けるとのこと)、100-500ユーロの罰金が科せられます。

ベネチアへの観光客は注意が必要となりそうです。

では、実際空気注入式、または静音スーツケースというのは、どのようなものなのでしょうか?
調べてみたところ、日本でも、イタリアでもまだ空気注入式のキャスター付きスーツケースは市場には出回っていないようです。イタリアでも、「只今検討中」とのこと。
日本では、空気注入式ではないですが、従来より3分の1の音に軽減した静音スーツケース、というものが販売されていました。

ベネチアで利用できそうなキャスター

日本からの旅行ですと、どうしてもスーツケースの持参は必須ですので、今後のスーツケース事情と、ベネチアの実際の事情を観察していく必要がありますね。

イタリア情報スタッフ 吉永

イタリア旅行はイタリアエクスプレスで!
posted by イタリアエクスプレス情報スタッフ at 06:05| Comment(1) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
2015年9月にヴェネツィアへ行く予定なのですが、キャスター付き禁止は、本島だけですか?ジュデッカ島はOKなのでしょうか・今、ホテルを迷っているので、本島だけ禁止ならモリノスタッキーにしようかと思います。ミラノから電車で入るのですが、ヴァポレットは乗れますよね?
Posted by いくこ at 2015年03月29日 01:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。