2014年10月09日

イタリアのピッツァが危ない?

こんにちは。イタリア情報スタッフの吉永です。

昨日は少々ショッキングな内容のテレビ番組を見てしまいました。

ナポリをはじめイタリア各地で作られそして食されているイタリアの名物料理であるピッツア。
それが健康上とっても危険!というのです。

イタリア国営テレビRAIの REPORT というテレビ番組。
この番組は一般のメディアで語られないようなスキャンダルを報道したり、政治・環境・経済問題を鋭く突く報道番組。
今回の特集がその「ピッツァ」でした。

ピッツァといえば、安く、美味しく、そして小麦粉・トマト・モッツァレッラチーズ・オリーブオイルという
シンプルな食材で作られる健康にもよい一品としてイタリア家庭でも、もちろん外国人にも親しまれています。

ただ、それは質のよい食材で、正しい調理法を行ったときであるのです。

実際は、、、、大抵の窯焼きピッツァを作るピッツェリアでは、窯もあまり掃除しないため、
ピッツァから落ちた小麦粉が窯の中で炭化し、次のピッツァの裏側にこびりつく。

裏に焦げがこびりつくピッツァ

さらに400度以上の窯の中では黒い煙が立ち込めそれもピッツァが吸い込む。

その灰と煙を吸い込んだピッツァがまさに発がん性のある料理に変身してしまう訳というのです。

ショックなのは、本場のピッツェリア、美味しいと言われるナポリで老舗の M店もT店もG店も、窯の状態は落第点で、焦げ焦げ黒煙ピッツァを振舞っている事。

完全に焦げてるピッツァ確かに時々、「これって焦げすぎじゃない??」って思うときあります。

私も食品には気を遣う派なので、そんな時は焦げを剥がして残してましたが、黒煙も吸っていたのか。。。
ほら、窯の中が黒い煙で充満してますよ。

ピッツァの釜土


焼き方だけでにとどまらず、コスト削減のため、食材もかなり悪いものを使っているお店が多いよう。
小麦粉は、食品を扱う業者なら体に悪いことは知っていても、使用するのは超精製小麦粉。(farina 00と呼ばれます)健康よりピッツァの仕上がり第一ということですね。。。

本来オリーブオイルを使うべきのピッツァもほとんどのピッツェリアは安価なヒマワリ油を使用、
トマトソースも中国産の濃縮ソース、、、、という始末。


南イタリアで有名な、甘くてフルーティーなサンマルツァーノ種のトマトでつくられたトマトソースは、
高価なため、全くイタリアでは需要がないそうです。

サンマルツァーノ産のトマト

皮肉なことに65%は日本に輸出されているとのこと。

と、ピッツェリアでピッツァを食べるのがなんか嫌になってしまったのですが、もちろん全部が全部悪質ピッツェリアではありません。

番組では、きちんと窯を掃除するお店。灰がでないように小麦粉を払い落としてから投入するお店。
全粒粉や高品質な食材を利用するこだわりピッツェリアなどの紹介もあり、ホッ。としました。

イタリア旅行を促進する情報を提供したいこのブログですが、やはりこういった面もイタリア文化の一面。

どうしてもこの国の人々は長い目で将来を計画することなく、自分の目先の利益だけしか見ないことが多い。
その一面が、ピッツァ販売にも表れてきてしまっているのですね。
いつか、がつんとツケが回ってこないうちに、イタリアの誇りであるピッツァを守って欲しいものです!

イタリア情報スタッフ
吉永

イタリア旅行をお届けするイタリアエクスプレスでも
雑誌で取り上げられる有名店だけでなく、本当に美味しいそして真面目なお店をご案内します!


posted by イタリアエクスプレス情報スタッフ at 18:39| Comment(0) | グルメ・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。