2012年06月06日

ミラノの地下鉄の乗り方が変わります!


ミラノ情報スタッフの堀越です。

外国で公共交通機関に乗る!というのはちょっとした冒険であり、また達成できたときには、まるで、その町に住んでいる人のような感覚になり、ちょっと達成感を感じたりしますよね?

ミラノの地下鉄は比較的分かりやすいと思いますが、今回少し乗車方法が変わります。
ご注意を!

実験的に4つの駅で始まります。何が始まるのかといいますと???
ミラノ地下鉄、出口でも切符が必要!となるのです。

地下鉄の乗り方の変更

地下鉄出口に改札

来週の月曜日6月11日から、今までは出口がフリーだった地下鉄の自動改札機が、実験的にフリー出口をやめコントロールされることになりました。

毎日20000件におよぶ地下鉄無賃乗車者を取り締まるための第一歩となります。

2004年には地下鉄の出入り口に自動改札機が設置され、入場の際には、切符を通さないと中に入ることができなくなりました。が、出口はノーチェックでした。

新しい改札機

今回、地下鉄赤線M1のドゥオーモ駅、パガーノ駅、ロレート駅、アメンドラ駅で出口も改札に切符を通さないと出ることができないフルチェックシステムを試験的にはじめることになりました。

まずは、切符なしで不正に地下鉄に乗車した人、期限の切れた定期を不正に使っている人を対象に9時30分から16時30分の間コントロールが行われます。
最初数週間実験し、その後、始発から終電までの終日となります。

どう機能するのでしょう? 

今のところ、出口で規定の時間を越えて無効となった切符、切符を持たない人など正しい乗車をしていない人が対象となります。
たとえば、市内用切符で市外まで乗ってきた人などもです。この場合、出口の前に、自動精算機がありますので、そちらで精算してから出ることができます。
青いベストを着たミラノ地下鉄の職員が、試験的に導入される4つの駅に配属され、乗客のアシスタントをします。

そのほかに、まだ紙の切符(磁気切符ではない旧式切符)を使っている人のためのアシスタントも配備されます。

地下鉄の切符

(右3種)

その後、第二段階として、地下鉄緑線M2でもまず9時30分から16時30分までのコントロールを中央駅、ジョイア駅、ビーモドローネ駅、コローニョ駅で導入され、第三段階として、地下鉄黄色線M3のポルト・ディ・マーレ駅、コルベット駅、ソンドリオ駅、ドゥオーモ駅とサンドナート駅で導入されます。

旅行中で知らなかった!といういいわけもなかなか通じなくなっています。
みなさんくれぐれも地下鉄に乗る際には切符にご注意を!

by ミラノ情報スタッフ 堀越千鶴  horikoshi.jpg


ミラノのお問い合わせもイタリアエクスプレス

posted by ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 at 16:00| Comment(0) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。