2012年04月22日

ミラノ・ショッピングでびっくりニュース!

ミラノ情報スタッフの堀越です。

今日はミラノショッピングで、びっくりニュース!

イタリア・ショッピング

この話の主人公は、とってもうらやましいご婦人。
大阪から来た日本人観光客で、この方は先週金曜日の午後、ミラノのブランド街にあるエルメスショップで1,940ユーロ(約20万円)のバックを購入した人でした。

いったい何が起こったのでしょうか??

レジでエルメスショップの責任者が日本人観光客の購入した20万円相当のバッグの免税手続きをし、カードでの支払い手続きをしてるまさにそのとき、となりではイタリア人が購入したバックを店員が包装していました。
包装が仕上がったのは不幸なことに同時、外見、大きさは全く同じ包装となって出てきました。

エルメスのバッグ


こうして、日本人は支払いを済ますと、手前にあった紙袋をとって店から出て行きました、が、実はこの紙袋、となりのイタリア人の買ったバックだったんです。イタリア人の購入したバックはクロコダイルのバーキン・留め金がプラチナという32,000ユーロ(約350万円)の価値だそうです。

店員が気がついたときにはあまりの事の重大さに気を失いかけたとか。。。そりゃそうですよね。

警察にも届けをだしたそうですが、盗難というわけでも紛失というわけでもありませんし、手の打ちようがなかったとか。

お買い物の際にはおつりの確認も大切ですが、中身の確認も大切ですね!

by ミラノ情報スタッフ 堀越千鶴  horikoshi.jpg



イタリア・ショッピングのお問い合わせもイタリアエクスプレス

posted by ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 at 22:00| Comment(2) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
間違えて持っていった日本人は、

買ったバックと違います、間違ってますと返しに来なかったのですか?


日本人の恥ですね
Posted by 。。。。。 at 2014年09月03日 09:49
こんにちは。
この事件の後日談として、最終的に店側が支払いを済ませたクレジットカードの情報から、滞在ホテルを探して、バッグはそれぞれの持ち主のところへ戻ったそうです。
もしかしたら、お店の人が訪ねてくる前に、袋を開けずに気づかなかったのか、故意に黙っていたのかは、不明ですが、商品違い、おつりの間違い、などというのはイタリアでは結構頻繁に起こるので、お買い物の際には注意が必要ですね。
Posted by イタリアエクスプレス情報スタッフ at 2014年09月07日 06:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。