2012年03月16日

イタリアで日曜日にショッピングはできるのか?


ミラノ情報スタッフの堀越です。


イタリアは大きな都市でも日曜日にはお店が閉まっていて困ったことはありませんか?

ミラノ市では日曜日もショップを開けたらどうかという提案をしているのですが。。。反応は今ひとつ。


なぜ、日曜日に働きたくないのか。という記事が出ていましたので、ご紹介します。
興味深いですね〜


ミラノのショッピングゾーンというのは、DUOMO広場(大聖堂広場)が中心地、そしてブエノスアイレス通りという庶民のショッピングゾーン、そのほかにベルチェッリ通りなどがありますが、今回はブエノスアイレス通りで働く人がコメントをしています。


日曜日にショップを開けるか開けないかという話題になっているけれども、このブエノスアイレス通りのショップにも意見を聞きに来てくれるのだろうか?中心地ではないこのゾーンの意見なんて誰も聞いてくれないし、誰も実際に何かどうなるのか知らされていないしね。

ただひとつ確かなことは毎週日曜日も営業日となることで働く人々の生活習慣はガラッと変わるということですよね。
どう変わるかっていうのを語るのは誰かがインタビューに来てくれるのを待つよ。
ま、誰かが興味を持ってくれればっていう話だけどね。

今のところ消費者だけに「お店が24時間営業になったら」とか「定休日なし営業」についてを聞いているみたいだけど、実際ショップで働く人のこと、その家族のこと、ショッピング依存症の人のことについて全く話を聞きませんが、ミラネーゼはどう思っているんでしょうね?


日曜日も営業をするようになった商店の一部


どうして私が日曜日営業に反対しているかわかりますか? 

だって、会社が休日手当てなどまずはきちんと規則をはっきりしてくれないと、日曜日、祝日勤務はいつだって損することになるからね。僕たちの切実な問題なんだよ。

考えてみてよ。もし月のお給料は同じままで、たとえばZARAで働いているとしたら、土曜日には大体仕事が終わって変えると22時くらい。
8時間労働で300人くらいの接客をして、2階に上がったり下に下りたり20kmくらいの距離を行ったりきたり。それに倉庫へ行くと400段の階段が待っている。背中は痛いし足もガクガク。

ぼくが働いているところでは毎週日曜日が営業ってことになったら毎週日曜日に同じ人が働くことになるらしい。
もう会社のほうからの通達が来ちゃって。だから同じ数の従業員で一日余分に働く分をカバーしないといけないっていうことだよね。

数学的に言うとこれからは300人ではなく400人の接客を一日でして、25kmを行ったり来たり。店内と倉庫を300回行き来して、600段の階段を上ったり降りたりするっていうことになるよね。


イタリア従業員の過酷労働


君たちは一枚余分にTシャツを買うことも、売ることももちろん可能だよ。日曜日の朝だってね。
でもぼくもぼくの同僚もその特権を楽しむことはないね。
だって、ぼくたちの優先順位はまずは家族だから。子供は学校に行かない日は子供と一緒に過ごしたいでしょ。いたって普通なことだと思うんだけどね。

誰かが言っていたよ。日曜日は何があっても日曜日だ。と。


私たち日本人からすると日曜日にショップが閉まっているなんて考えられないですよね?
土日に稼がずしていつ稼ぐのか?と考えたり、また、平日働いている会社員は土日のみがショッピングができる日なのに、土曜日しか開いてないなんて。と思ってしまいます。


やっぱり文化の違いなのでしょうかね?


ということで、日本のように日曜日普通にショップが営業する日は遠い先のようですね。



by ミラノ情報スタッフ 堀越千鶴  horikoshi.jpg


ショッピングのお手伝いもイタリアエクスプレスへ!

posted by ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 at 10:00| Comment(0) | 生活・現地事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。