2012年02月24日

ミラノの交通規制・エリアC ミラノの交通規制・エリアC


ミラノ情報スタッフ・堀越です。


みなさん こんにちは。

さて、ミラノ市内に車で入るのに有料となってから1ヶ月と少し経ちました。

その名も“エリアC”。


ミラノ交通規制地区・エリアC


いかなる車も市内に入るには一日5ユーロとなっています。
年間契約をすることはできず、毎日支払わなければなりません。

ちなみにディーセルはユーロ3までお金を払っても入ることができません。

支払いは入場したら24時間以内に行わなければなりません。


エリアCの看板


支払い方法はタバコ屋さん、銀行、コールセンター、インターネット、駐車券の販売機、プリペードカードとなります。

1ヶ月たった今、私個人的には渋滞がそれほど緩和されてたとも思わないし、当初の目的である空気汚染に関しては減るどころか悪化しているのが現状です。

それもそのはず。ミラノの空気汚染は、各マンションが吐き出す暖房の煙が大きな原因だからです。



でも、ミラノ市は車が公害を悪化していると言う建前にし市の大きな収入をこのアリアCから期待している/いた様子です。


今日の新聞にはこんな記事が出ています。

”中心地の駐車場割引制度導入”


ミラノ中心地の駐車場割引


見た目には減っていない渋滞ですが、やはり中心地で駐車場業をしている人たちには大きなダメージとなったようです。

それでなくても高額な中心地の地下駐車場はガラガラだそうで、5ユーロを払って中心地に入った車には割引をするらしいです。

また、また3月8日からは木曜日はショッピングデーとし、規定の19時30分を18時までと規制時間を繰り上げ、
車の入場を無料にするらしいです。


たった1ヶ月の導入の結果、この有様。


いったいミラノ市は何がしたいのだか。。。
市内入場する車を増やしたいのか? 当初の概念と正反対の事をしているのはどういうことなのでしょうかね?

大量の資金を費やしシステムを作り、そのあと充分に活用せず。

私たちの税金を無駄使いするのは止めて欲しいものです。


by ミラノ情報スタッフ 堀越千鶴  horikoshi.jpg



ミラノ旅行はイタリアエクスプレスで!


posted by ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 at 10:00| Comment(1) | 交通 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ミラノ市内中心部に入る車に課金する制度「AREA C」は、適用について検討がなされているため。2012年7月26日(木)より一時的に休止となっていて今も続いている。今後の再適用も現時点では未定となっているそうです。おそらくは、市内中心部の駐車場からの提訴が原因でしょうね。
制度がコロコロと変わるので、合わせるのも大変です。
Posted by uttie at 2012年09月05日 20:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。