2012年02月10日

カゼルタ・ヴェッキア-風情のある町


ナポリ・ソレント情報スタッフの堀内です。


ここナポリでも、シベリア寒波の影響を受けて寒い日々が続いています。

クリスマスの休暇シーズンが終わってちょうど1か月ほどということもあり、この冬の時期のナポリ近郊は、どの観光スポットへ出かけても人はまばら。

でも、それはそれでのんびりしていて、情緒があってなかなかよいものです。


そんな冬のある日、カゼルタ県の一部である「カゼルタヴェッキア」という小さな町に行ってきました。


カゼルタの旧市街


「ヴェッキア」とは、イタリア語で「古い」という意味。

その名の通り、この町は中世の薫りがただよう、歴史ある町です。
大都市ナポリと同じように、ロンゴバルド人や、ノルマン人の統治を受けてきたこの町は、
18世紀ブルボン王朝が、現在世界遺産にもなっている「カゼルタの王宮」を建てるまではカゼルタの首都として君臨していました。


冬季の平日ということもあり、多くのレストランは閉まっており、人もほとんど歩いていませんでした。
春から秋にかけての観光シーズンの週末は、ナポリやローマ近郊から多くの人が日帰り観光で訪れるとのこと。


冬のカゼルタ・ヴェッキア


ひっそりとした中世の町並み


この古い町はイタリア国の文化財となっています。
町の起源は正確にはわかっていないそうですが、9世紀半ばの文献にはすでにカゼルタヴェッキアの名が出ているそうです。

こちらはドゥオーモ、残念ながらこのお昼の時間帯は閉まっていました。
13世紀半ばに建設されました。


カゼルタの大聖堂


バールの入り口、素朴な雰囲気


素朴なバール


こちらのZia Teresaは、カセルタヴェッキアの地元の人に愛されているレストラン。

お昼に入ってみることに。


お勧めレストラン


カゼルタ県は黒豚のグリルや加工食品が有名です。
やはり前菜盛り合わせ「アンティパスト・デッラ・カーザ」はかかせません。
こちらも自慢のカゼルタ豚を使ったサラミなど。


アンティパストの盛り合わせ


やわらかかった牛肉のグリルと、ジャガイモのオーブン焼き。
もちろん地元のハウスワインと合わせて。


カゼルタ肉を使用した牛肉のグリル


この日はとても寒い1日でしたが、暖かい春の到来はもうすぐ。
カセルタヴェッキアも活気にあふれることでしょう。



ナポリ・ソレント情報スタッフ 堀内敬子 horiuchi.jpg



カゼルタのお問い合わせはイタリアエクスプレス

posted by ソレント情報スタッフ・堀内敬子 at 23:00| Comment(0) | 都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。