2011年03月06日

穴場のベルニーニ作品


ローマ情報スタッフの星野です


前回隠れミケランジェロでちらっとご紹介しましたが、今回は穴場ベルニーニ!!

正直、私はベルニーニなる人物をローマに住むまで知りませんでした。
そこで、軽く彼の紹介を。


ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ(GIAN LORENZO BERNINI)

彫刻家であり建築家、画家でもあったバロック芸術の巨匠。

1598年に彫刻家であったピエトロ・ベルニーニ
(彼のローマでの有名な作品はスペイン広場前にあるバルカッチャの船の噴水です)の子としてナポリに誕生し、1605年にローマに戻り、若い頃からその才能は発揮され、25歳の時にバルベリーニ家出身の法王ウルバヌス8世に見出されてからはバチカンのために作品を作り続けたと言っても過言ではありません。
後に彼は「バチカンの申し子」と呼ばれます。

ベルニーニはローマのために生まれ、ローマはベルニーニのために作られたと言われるほど、ここローマには彼の有名な作品でいっぱいです。


その作品は建築作品はサン・ピエトロ大聖堂内にある法王のみが立つことを許されたブロンズの天蓋


ベルニーニの作品ブロンズの天蓋


サン・ピエトロ広場

ベルニーニ設計のサンピエトロ広場


彫刻作品はナヴォーナ広場にある四大河の泉等々、きりがありません。


ベルニーニの作品・ナヴォーナ広場四大河の泉


さて、ベルニーニの穴場観光の一つ目は、大統領官邸でも有名なクイリナーレ宮殿(PALAZZO DEL QUIRINALE)


ベルニーニ作品のあるクィリナーレ宮殿

その歴史は古く古代ローマ時代まで遡ります。

古代ローマ時代は貴族の屋敷があり、現在でも地下にその遺跡を見ることが出来ます。
(ただし一般公開はしていません)
その後枢機卿の家になり、見晴らしの良い家を気に入った法王グレゴリオ8世が滞在するようになり、しまいには枢機卿から買い取ってしまい、大改装が行われ、現在の形になりました。

その後一時ですが、ナポレオンも住み、イタリア統一後は国王一家が住み、共和国になってからは大統領官邸となりました。

さて、何がベルニーニかと言うと建築自体は他の5人の建築家から引き継いだ形ですが、
下の写真の2対の彫刻がベルニーニ作品です。


ベルニーニ作品の入り口の彫刻



二つ目のベルニーニ穴場観光はモンテチトーリオ宮殿(PALAZZO MONTECITORIO)、現在の国会議事堂です。


ベルニーニ設計のモンテチトーリオ宮殿


この場所も歴史は古く古代ローマ時代には、現在目の前に建っているオベリスクを利用して巨大な日時計がありました。(実際に数字などが遺跡から発掘されました。)

当時の法王グレゴリウス15世の命令で甥のルドヴィシ枢機卿一家のためにベルニーニが設計しました。
その後法王の死後一時期中断はしましたが、建築家カルロ・フォンターナが引き継ぎ完成させました。



そして最後のベルニーニの穴場観光は、ベルニーニ自身「自らの代表作」と言ったサンタンドレア・アル・クイリナーレ教会(BASILICA ST‘ANDREA AL QUIRINALE)


ベルニーニ設計のサンタンドレア・アル・クィリナーレ教会


この教会は聖アンドレア(イエス・キリストの弟子である聖ペテロの弟)を祭った教会です。

兄は逆さ十字に掛けられましたが、弟はX十字に掛けられたそうです。

小さい教会ながらも広く見せようと楕円形の形に作られています。内部は赤大理石製の柱など大変豪華な作りになってます。

教会内は薄暗い所が多いのですが、この教会は天気が悪かった日にも関わらず、中はとても明るかったです。


サンタンドレア・アル・クィリナーレ教会内部

場所は少々解り辛いのですが、クイリナーレ宮殿から宮殿沿いの道、VIA DEL QUIRINALEを歩いて行くとあります。

内部と違い外観はかなりシンプルなので、お見逃しなく!!


by ローマ情報スタッフ 星野亜矢子  hoshino.jpg



お問い合わせはイタリア専門旅行会社のイタリアエクスプレス

posted by ローマ情報スタッフ・星野亜矢子 at 23:00| Comment(0) | 文化・芸術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。