2011年01月24日

アグローポリ - 南イタリアの美しい街


ナポリ情報スタッフの亀井です。


今週、急に真冬の気温にまで下がり、毎日さむ〜いナポリです。

なので、夏に行ったアグローポリのビーチリゾート地のことを思い出して、気分だけでもあったまることにしました。


ナポリから電車でサレルノを通り過ぎてさらに南へ1時間半、南イタリア・チレント海岸沿いにアグローポリという小さな街があります。

サレルノからだと約30分、直通バスもあります。カプリ島、イスキア島、ナポリなどへ直通フェリーも出ているとか。
ある休日にお散歩がてらふらっと行ってみました。


こちらでアグローポリという名前は何度か聞いたことはあったけど、アマルフィ海岸のように有名リゾートではないし、ビーチがきれいだよーという周りの人たちからの情報しかなく、どんなところなのかな・・・と、ガイドブックも地図もなく行きあたりばったりの訪問です。


アグローポリの国鉄駅を降りると、日曜日にもかかわらず駅前のインフォメーションセンターはかろうじて開いていました。

でも、地図をくれないかきいてみると、「あ、今切れてるんだ、でもビーチと旧市街はここをずーっと15分ぐらい歩いていったらすぐわかるから。
つきあたりの広場を左に下っていったら海、そのまま階段を上がっていったら旧市街」とのこと。

さすがイタリア、インフォメーションセンターの運営ものんびりペース!


でも言われた通りのんびりお店など見ながら歩いていたら、さすがこぢんまりした街、すぐに街の中心に到着して、ビーチと旧市街への道もわかりました。


アグローポリの中心街


ゆるやかな長―い階段を上がっていったら、今までの何の変哲もない街が一変して、とても雰囲気のいいアグローポリ旧市街が突然出現!

アグローポリ旧市街


旧市街の入口にあたる階段を登り切った高台にはランドマーク的にかわいい教会もあり、眺めも最高。


アグローポリ大聖堂


高台からのパノラマ


日曜でほとんどのお店が閉まっていたこともあり、とっても静かで本当に中世に迷いこんだような感覚が味わえ、一行すっかり南イタリアのこの街に魅せられてしまいました。


迷路のような旧市街


迷路のような旧市街の路地をくねくねと上に上がっていったら、登りきったところにかなりりっぱなお城を発見!


アグローポリのお城


お城といっても要塞と牢獄(!)を兼ねた飾り気のないもので、敵の攻撃を防ぐための砲台を兼ねた穴も城壁にあいています。
そして見張り台用に建てられただけあって、眺めは最高!


ビーチのパノラマ


街を散策した後は、ビーチに降りて日光浴をしました。


アグローポリのビーチ

このあたりのチレント海岸は、アマルフィ海岸やソレントのように世界的観光地でない分、地元の人が主に訪れる落ち着いたビーチリゾートとして知られており、混雑もなくのんびり日光浴が楽しめます。

イタリア人はほんとうにビーチが大好き!ビーチ近くのお店のおじさんの話によると、その年の気候にもよるけど、10月〜11月になってもビーチに日光浴しに行くとか。

おじさんの去年の最後の海水浴は、なんと12月!南イタリアはあったかいんですね〜。

by ナポリ情報スタッフ・亀井かおる  kamei.jpg


南イタリア旅行はイタリアエクスプレスへお問い合わせ下さい。



posted by ナポリ情報スタッフ・亀井かおる at 23:00| Comment(0) | 都市 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。