2014年10月30日

ジェノヴァから行くチンクエテッレ日帰り観光!


こんにちは。ジェノヴァ情報スタッフの黒木です。

チンクエテッレに行くときは、近郊の街(サンタマルゲリータリグレ、ポルトフィーノ、ポルトヴェーネレあたり)に滞在し、日帰りでゆっくり見るのが良いということでお勧めしていますが、
― というのもチンクエテッレの村にはあまりホテルがなく、スーツケースを引きずって駅からホテル迄歩くのもまた一苦労なので ― 
ジェノヴァからも以外に簡単にいくことが出来、4つの街を十分堪能できるので、
今回「ジェノヴァから行くチンクエテッレ日帰り観光」をご紹介します!

注:今回は10月初旬のスケジュールですが、11月〜3月までは船が運休になったりするので、その点は注意してくださいね。

ジェノヴァからは直通または1回乗り換えで、チンクエテッレの街へ。
ジェノヴァからの直通列車は本数が少ないですが1時間20分程度で到着します。
1回乗り換えでも乗り換え駅が小さいので、反対側のホームからすぐに乗り換えができるので楽ちんです。8:25の電車に乗ったので、乗り換えを含めて2時間強にて最初の街、リオマッジョーレに 10:40頃到着!

リオマッジョーレの駅を降りると、中心地へ抜ける水中トンネルのような鮮やかな色のトンネルをくぐります。

リオマッジョーレのトンネル

中心地をぶらぶら。
カラフルな建物の街並みが続き、お店を覗きながら散策するのも楽しいです。

リオマッジョーレの中心

少し散歩したところで、今度は上からのパノラマを観に、丘の上の展望台まで歩きます。

道を進んでいくと、小さな要塞(お城)が見えてきます。あそこまで行きます

リオマッジョーレのメインストリート

リオマッジョーレの旧市街

メインストリートのコロンボ通りを登って進んでいくと、こんな狭い小道が! 

リオマッジョーレの階段

ここが近道のようです。

途中のサンジョヴァンニ教会までたどり着きました。

サンジョヴァンニ教会前

サンジョヴァンニ教会

ここからの眺めも綺麗!

サンジョヴァンニ教会前からのパノラマ

眺めが綺麗なリオマッジョーレのパノラマ


要塞はもうすぐです。


さらにこの細い小道を進むと

要塞までの階段

要塞につきました。

リオマッジョーレの要塞

眺めは格別です

リオマッジョーレの要塞からの眺め

初めのチンクエテッレの街からのパノラマを堪能した後は、また小道を降りていきます。

リオマッジョーレの要塞からの下り道

小さな港への道です。

リオマッジョーレ港までの道

港と呼ぶのでしょうか。。。各島へ渡る船着き場からは雑誌に出てくるような素朴で美しい自然に逢えます。

リオマッジョーレ船着き場

1時間半程滞在し、12時の船にてリオマッジョーレを出発!
ばいばい。リオマッジョーレ。 船から見たリオマッジョーレの街の風景です。要塞も小さく見えます。

海から見たリオマッジョーレの街


残念ながら愛の小道は封鎖中なので、(2015年再開予定とのこと)、船にて次の街「マナローラ」へ。
15分で到着。
マナローラでは、船に乗ろうとたくさんの人が待っています。

マナローラに到着

マナローラにもたくさんの観光客がいました。ただこちらの街は他の街と比べてお店も少なく、
メインストリートが1本なので、ゆっくり往復して30分程度いれば十分でした。

マナローラの中心街

マナローラの船着場


ということで、12:45の船に乗ることにしました。

マナローラを出発

お次の街は、コルニリア。こちらは船からは行くことが出来ないので、船上からの眺めだけにしました。

コルニリアの船上からの眺め

こちらも高台にお家が密集して建っていて典型的なチンクエテッレの風景です。

15分ほどで、4つ目の街、ヴェルナッツァに到着。ここで13時くらいになりました。

ヴェルナッツァに到着

マナローラより賑わっています。

ヴェルナッツァの中心地

ヴェルナッツァのメインストリート

ちょうどお昼時なので、ここでランチをすることにしました。美味しそうなレストランを選んで、
魚介類のミックスフライと白ワインを頂きました。

ヴェルナッツァのレストランにて

ちょっと観光客向けのレストランだけど、観光地なだけにやむを得ないかな。

エビのフライも美味しかったけど、ズッキーニやニンジンの短冊切りのフライも入っていてGOOD!

港の前の教会

ヴェルナッツァの教会


おお、この港がよく雑誌に出てくるチンクエテッレの風景なのね。

ヴェルナッツァの港

ただ、近場で見ると分かりずらい。 こんな感じで遠くから撮ると、

雑誌に出てくるヴェルナッツァの風景


「まさに」という写真が取れるのだと思います。

こちらは高台にある要塞につながる小道です。

ヴェルナッツァの小道

ぐるりと散策しました。

お昼も食べてそのあとの船に乗ったのは15:00過ぎ。最後の街モンテロッソアルマーレに15:15到着。
こちらは、リゾート!という感じで、海岸には10月だというのにたくさんの海水浴をする観光客がいました。

残念ながら、カメラの電池がなくなってしまい、ここで写真は終了。

モンテロッソアルマーレをくるりと見て、16:50の列車でジェノヴァへ帰着。帰りは直通だったので
18:00 にはジェノヴァ・ブリンニョラ駅へ到着しました。 

一つ一つの街がコンパクトなことと、チンクエテッレの場合は、船での移動も観光の一部で楽しいので、
こんな風に日帰りでOKです。

ジェノヴァを起点にすれば、イタリア周遊の他の街と組み合わせるのもぐっと楽なはず。
皆さんもジェノヴァから日帰りチンクエテッレ観光を楽しんでみてくださいね。

ジェノヴァ情報スタッフ 黒木優子

イタリアエクスプレス「イタリアハイライト&チンクエテッレ」のモデルプランを見る

posted by イタリアエクスプレス情報スタッフ at 23:11| Comment(0) | 観光スポット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

ジェノヴァでまた洪水!

こんにちは。ジェノヴァ情報スタッフの黒木です。

2014年10月10日の未明に、ジェノヴァでまた洪水が起こりました。

一週間続いた雨が、9日は少し落ち着いてほっとしたのも束の間、21時頃からそれこそ
「バケツをひっくり返したような」激しい雨が始まり、ふつう土砂降りの雨というのは、
10分くらいで一段落するのが普通なのに、全く弱まる気配がないのです。
どこからこんなたくさんの水が落ちてくるのか。と思うほど。

洪水が心配だ。。。

冒頭で、「また」と書いたのは、ジェノヴァは秋に大雨があると頻繁に街の中心を流れるビサーニョ川が氾濫するのです。
自宅は幸いにも高台にあるので、洪水被害に遭うことはないのですが、
低い地区の事を心配しながら、床につきました。

翌朝ニュースを見ると、
ニュース速報で、「ジェノヴァで洪水」を聞きその事実を知りました。

ジェノヴァ洪水被害

車も浸水

残念ながら死亡者も出てしまい、大参事となってしまいました。

馴染みの美味しいピッツェリアさんも。。。

ジェノヴァの洪水の様子

一日経って今日は雨も止んだので、被害が出た駅付近へ行ってみました。

家の中に入り込んだ泥を掻き出す作業をするたくさんの人がいて、
通り沿いは使い物にならなくなった家具、電化製品がたくさん捨てられ初めていました。

自分の街、馴染みの通りだけに、涙が出てきてしまいます。

救われるのは、たくさんの若い学生が、シャベルを持って手伝ってくれている事。

片づけ作業をするボランティアの人々

ほとんど1-3年置きに起こるジェノヴァの洪水は、理由があるのです。
このあたりのリグーリア地方は、海岸線からすぐに山になるため、平地がとても少ないのです。
その昔、その斜面にもこのように木を切ってマンションをたくさん立てたものだから、

斜面に密集する建物

雨が降ると、水は地面にしみこむことなく、川のように流れて狭い平地に集まる。
そして、その平地にある川が氾濫する。という訳なのです。

今更マンションを取り壊して、自然を取り戻すことはできないにしても、
川の氾濫を防ぐためにすることはあるはず。
調べてみると、大がかりな川の整備工事は、3年前からストップしたままという。

こんな状況で、毎回住民が被害に遭うのも納得いかないはず。
市民が怒るのも当たり前です。 

ジェノヴァ情報スタッフ 黒木優子


イタリア旅行はイタリアエクスプレスで。

posted by イタリアエクスプレス情報スタッフ at 23:12| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

イタリアのピッツァが危ない?

こんにちは。イタリア情報スタッフの吉永です。

昨日は少々ショッキングな内容のテレビ番組を見てしまいました。

ナポリをはじめイタリア各地で作られそして食されているイタリアの名物料理であるピッツア。
それが健康上とっても危険!というのです。

イタリア国営テレビRAIの REPORT というテレビ番組。
この番組は一般のメディアで語られないようなスキャンダルを報道したり、政治・環境・経済問題を鋭く突く報道番組。
今回の特集がその「ピッツァ」でした。

ピッツァといえば、安く、美味しく、そして小麦粉・トマト・モッツァレッラチーズ・オリーブオイルという
シンプルな食材で作られる健康にもよい一品としてイタリア家庭でも、もちろん外国人にも親しまれています。

ただ、それは質のよい食材で、正しい調理法を行ったときであるのです。

実際は、、、、大抵の窯焼きピッツァを作るピッツェリアでは、窯もあまり掃除しないため、
ピッツァから落ちた小麦粉が窯の中で炭化し、次のピッツァの裏側にこびりつく。

裏に焦げがこびりつくピッツァ

さらに400度以上の窯の中では黒い煙が立ち込めそれもピッツァが吸い込む。

その灰と煙を吸い込んだピッツァがまさに発がん性のある料理に変身してしまう訳というのです。

ショックなのは、本場のピッツェリア、美味しいと言われるナポリで老舗の M店もT店もG店も、窯の状態は落第点で、焦げ焦げ黒煙ピッツァを振舞っている事。

完全に焦げてるピッツァ確かに時々、「これって焦げすぎじゃない??」って思うときあります。

私も食品には気を遣う派なので、そんな時は焦げを剥がして残してましたが、黒煙も吸っていたのか。。。
ほら、窯の中が黒い煙で充満してますよ。

ピッツァの釜土


焼き方だけでにとどまらず、コスト削減のため、食材もかなり悪いものを使っているお店が多いよう。
小麦粉は、食品を扱う業者なら体に悪いことは知っていても、使用するのは超精製小麦粉。(farina 00と呼ばれます)健康よりピッツァの仕上がり第一ということですね。。。

本来オリーブオイルを使うべきのピッツァもほとんどのピッツェリアは安価なヒマワリ油を使用、
トマトソースも中国産の濃縮ソース、、、、という始末。


南イタリアで有名な、甘くてフルーティーなサンマルツァーノ種のトマトでつくられたトマトソースは、
高価なため、全くイタリアでは需要がないそうです。

サンマルツァーノ産のトマト

皮肉なことに65%は日本に輸出されているとのこと。

と、ピッツェリアでピッツァを食べるのがなんか嫌になってしまったのですが、もちろん全部が全部悪質ピッツェリアではありません。

番組では、きちんと窯を掃除するお店。灰がでないように小麦粉を払い落としてから投入するお店。
全粒粉や高品質な食材を利用するこだわりピッツェリアなどの紹介もあり、ホッ。としました。

イタリア旅行を促進する情報を提供したいこのブログですが、やはりこういった面もイタリア文化の一面。

どうしてもこの国の人々は長い目で将来を計画することなく、自分の目先の利益だけしか見ないことが多い。
その一面が、ピッツァ販売にも表れてきてしまっているのですね。
いつか、がつんとツケが回ってこないうちに、イタリアの誇りであるピッツァを守って欲しいものです!

イタリア情報スタッフ
吉永

イタリア旅行をお届けするイタリアエクスプレスでも
雑誌で取り上げられる有名店だけでなく、本当に美味しいそして真面目なお店をご案内します!


posted by イタリアエクスプレス情報スタッフ at 18:39| Comment(0) | グルメ・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。