2012年09月01日

ドロミテ - アルト・アディジェ 夏のバカンス!


ミラノ情報スタッフの堀越です。

長い長いイタリアンバカンスも終わり、ほとんどの人が日常生活に戻ってきました。

私はといいいますと、南チロル アルト・アディジェに2週間行ってまいりました。
アルト・アディジェというとあまり馴染みがないかもしれませんが、ドロミテというとみなさんご存知ですよね。スイスとオーストリアとの国境に位置するイタリア最北端の州です。
そう。あのドロミテがある地方です。

ドロミテ山麓

四方を山に囲まれたVAL GARDENA(バル ガルデーナ)が今回の目的地。
今回はトレッキングにサイクリング。アクティブなバカンスです。

夏のシーズン中にはガルデーナ渓谷の町のホテルに宿泊すると、バル ガルデーナ カードと言うロープウエー、リフト、ケーブルカーに乗り放題パスが購入できます。78ユーロで6日間有効です。
こちらのカードを買うともれなく、7日間ドロミテのほぼすべてのバス、電車に乗り放題のモビルカードが付いてきます。とってもお得です。

こちらがバル ガルデーナ カード

ガルデナのロープウェイ乗り放題のカード

モビルカード

ドロミテのバス乗り放題のモビルカード


このカードで乗ることができるロープウエーなどは8種類でたとえば、

ドロミテの立ち乗りロープフェイ

スリル満点です。

ドロミテ・ロープウェイからの写真


整備されたハイキングコースもたくさんあり、2000メートル級の山々を散策することができます。
2000M?とびっくりされるかもしれませんが、ロープウエーなどで頂上付近まであがるとそこにはなだらかな平原が続いています。(もちろんそうでないところもありますよ!)


なだらかな平原でドロミテ散策


上の写真の左下に見えるのがトレッキングコースです。

さてさて最後に、やっぱり食べ物ですよね。この地方はイタリア領土でありながら、イタリアではない特殊な地方です。

何が特殊かといいますと、まずは言葉。こちらの人々母国語がドイツ語なんです。(一部ではラディン語。)50歳代の人に聞くとイタリア語は学校で週2時間のみしか習わなかったとか。
メンタリティーもイタリアというよりはドイツ系ですね。置き引きや犯罪も少ないようです。

そして食べ物です。カネーデルリ。ドイツではクネーデルとも呼ばれているようですが、硬くなったパンを使っているそうですが、私的にはスイトンかな。

ドロミテ地方の郷土料理

郷土料理のカネーデルリ

そしてほぼ毎日欠かさず食べたのがこちら。

ドロミテ地方のお菓子

シュトゥリューデル(アップルパイ?)です。やはり年間95万トンという大量のりんごが収穫されるこの地方。りんごを使ったケーキは欠かせませんね。

もう最高にお勧めのスポットです。

みなさん、是非立ち寄ってみてくださいね!

ミラノ情報スタッフ 堀越千鶴  horikoshi.jpg


ドロミテ旅行はイタリアエクスプレスで!
posted by ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 at 10:00| Comment(3) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。