2011年07月28日

やみつきになるカタクチイワシのコラトゥーラ



ナポリ・ソレント情報スタッフの堀内です。



アマルフィ海岸のお土産というと、食後酒のリモンチェッロ、地中海的な色合いが美しいセラミックが有名ですが、実はアマルフィ近辺でしか手に入らないおみやげがあるのです。


チェターラ名物・コラトゥーラ


その名は「コラトゥーラ」(colatura)。



アマルフィより海岸線を南に数キロ下ったところにある、人口2500人も満たない小さな漁村、チェターラでのみ製造されているパスタソースです。


日本でいう「魚醤」や「しょっつる」、タイで言う「ナンプラー」のような存在、と言えばわかりやすいかもしれません。「しょっつる」より地中海っぽく??、ナンプラーよりはクセがない味がします。


チェターラ



素朴なチェターラの村



コラトゥーラの歴史は古く、古代ローマのポンペイの街でもよく食卓にあがっていた魚醤、「ガルム」がもとになっていると言われています。これが、中世の時代、アマルフィ海岸線に住み着いていた、修道僧がレシピを改良して作った、などなど、説はいくつか語られています。



春から夏にかけ、カタクチイワシの頭と内臓をとって、塩漬けにし、5・6か月熟成。そのエキスからできているコラトゥーラは、この地方の伝統的な食品として、イタリアの農業省からも認定を受けています。



さて、パスタソースの役割を果たすコラトゥーラの美味しい食べ方とは?


コラトゥーラの瓶


このようにいろいろな形の瓶に入って売っています。パスタ3・4人分くらいの小さい瓶は、お土産物店で3.5ユーロから4ユーロ、一番大きな瓶で12ユーロほどです。


コラトゥーラのパスタ


ここではパスタ2人分、約200グラムをゆでます。コラトゥーラは非常に塩味がきついのでゆでる際、塩は入れないでください。スパゲッティやリングイネなどの長いパスタがベストです。


コラトゥーラのソース


大きなボールに、コラトゥーラをスプーン大さじ3倍分ほど。好みにより、調節します。

それに刻んだニンニクを加えます。


コラトゥーラ・パスタの作り方


コラトゥーラと同じ量、または少なめのエキストラヴァージン・オリーブオイルを加えます。


ソースにはレモンを


これらをよく混ぜて、基本のソースのできあがりですが、私個人はレモン汁を絞って混ぜるのが好きです。コラトゥーラの塩辛さが少しマイルドになり、さっぱりします。レモン以外にも、お好みでイタリアンパセリや、ペペロンチーノを入れても美味しいですよ。


コラトゥーラパスタの作り方


ゆでたパスタをソースに和えます。この時パスタのゆで汁をスプーン1,2杯ほど加えると、パスタとソースが絡みやすくなります。


アマルフィ海岸名物コラトゥーラパスタの出来上がり


夏はトマトとバジリコが美味しい季節!サラダと一緒に。お腹にもたれない組み合わせです。



パスタソース以外でも、和食の煮物の隠し味などにも使えます。ただ本当に塩辛いので塩分取りすぎには注意しなくてはなりません。



アマルフィのお土産のひとつに加えてみてはいかがでしょうか。



ナポリ・ソレント情報スタッフ堀内敬子  horiuchi.jpg



お問い合わせはアマルフィ海岸に詳しいイタリアエクスプレスへ!


posted by ソレント情報スタッフ・堀内敬子 at 10:00| Comment(0) | グルメ・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月20日

アマルフィで美味しいお菓子やさん発見!


ナポリ・ソレント情報スタッフの堀内です



アマルフィは小さな町、でも美味しいレストランやお菓子屋さんがたくさんあります。

今回はその一軒を紹介したいと思います。



Dolceria Antico Porticoは、まさに隠れ家的なお店。


メインストリート沿いにあるSupportico Ruaは、中世の時代、製紙工場が並んでいた、通称「商人の道」と呼ばれる古いアーケードがある狭い通りです。

美味しいお菓子屋さんは、そのアーケード下にひっそりと並んでいます。


アマルフィのお菓子屋さん


中世のなごりあるポルティコ(アーケード)



オーナー兼パティシエのTiziano(ティツィアーノ)さんと、奥様のMafalda(マファルダ)さんが3年半前にオープンしたこのお店は、伝統的なイタリアのお菓子屋さん!というよりは、どこかフランス的な雰囲気が流れています。



アンティコ・ポルティコのオーナー

オーナーのTiziano氏



それもそのはず、Tizianoさんはパリのミシュラン星付きレストラン、「ピエール・ガルニエール」でデザート担当を務めたこともあるとのこと。それゆえ、南イタリアのドルチェの伝統を守りながらも、フランスのお菓子のエッセンスも取り入れているということなのです。



ショーケースのお菓子



お菓子、パンとも味も見た目もが本当にデリケート!フランスのお菓子、マカロンも。

甘さがともかく控えめで、日本人好みの味です。



デリツィア・アッラ・リモーネ

フランスの影響があるとはいえ、こちらのお店の自慢はやはり、「デリツィア・アッラ・リモーネ」!
レモンのリキュールとスポンジを使った、アマルフィ方面では伝統のあるお菓子です。


ミニケーキ


美味しそうなケーキの数々、サイズも一口サイズなのでいろいろ試してみたいところ。



アマルフィ名物・コーダ・ディ・アラゴスタ


アマルフィ名物、「イセエビの尻尾」という意味の、Coda di Aragostaも。パリパリした食感が美味しい。


お菓子屋さんのエスプレッソ


バール


小さなBarもあり、お菓子と一緒においしいエスプレッソも飲めます。

中にチョコレートクリームの入った、パン・オウ・ショコラと、カフェ・マッキャートを朝食に。



アーモンドのお菓子


これは絶品です!アーモンドの粉をつかったお菓子「Bistcotti di Mandorla」。
味もレモン味からピスタチオまで10種類ほどを常時揃えています。グラム売りが可能。12個入りのパックは7ユーロ。


保存剤や添加物は一切なし。常温で1か月もつそうです。





コンフェッティ


こちらもイタリア伝統の砂糖とアーモンドのお菓子、Confetti。
シンプルなチョコレート味から、ココナッツやレモン味までこちらも8種類ほど揃っています。袋入り5ユーロ。こちらも日持ちするのでお土産には最適。



お店の人たちもとっても親切。不定期ではありますが、オーナー主催で1回4時間ほどの、お菓子作りのコースも催しているとか。



お店の外には、小さな椅子とテーブルがあり、その場でケーキやカフェを楽しめるようになっています。生菓子は日本に持ち帰るのは難しいですが、美味しいケーキをぜひ味わってください。



Dolceria Antico Portico

住所:Supportico Rua, 10 Amalfi

電話: 39+089 87 11 43

Web: www.dolceria-amalfi.com



ナポリ・ソレント情報スタッフ 堀内敬子  horiuchi.jpg




アマルフィ海岸旅行はイタリアエクスプレス





posted by ソレント情報スタッフ・堀内敬子 at 23:00| Comment(0) | グルメ・料理 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ミラノ・公園で過ごす木曜日


ミラノ情報スタッフの堀越です。


今年のミラノは、さっぱり夏らしさを感じさせない、ちょっと物足りない毎日です。

さて、ミラノ発 ホットな話題です。

“公園ですごす木曜日”。ミラノ市がミラノ市民に心地く、リラックスできる夕べを過ごしてもらおうと企画したイベントで、今回が第2回目の試みとなります。


プログラムは、7月14日から9月24日までで、大人向けの体操プログラム(ヨガや太極拳、マラソンなど)そして子供向けのショー、劇やダンスなどが中心地また郊外の公園で開催されます。


公園で過ごす木曜日


たとえば7月21日は、モンタネッリ公園(中心地、ポルタベネツィア付近の公園)では、

太極拳 19:00〜19:30
マラソン 19:00〜19:45
ヨガ 20:00〜21:00
クァルテット(四重奏) 20:00〜21:00
ダンスショー 21:00〜22:00
アドリブ劇 22:15〜23:00

というイベントが企画されています。


公園でのイベント


また天文に興味のある人は18:30よりプラネタリウム(コルソ ベネツィア 57)で星座に関する講義に参加することができます。 


ミラノのプラネタリウム


(詳細はwww.comune.milano.it/planetario 残念ながらイタリア語のみです。)

375席が満席になるまで、入場可。入場は無料です。
ミラノでは珍しい、ちょっと気になる企画ですね。

この期間ミラノに滞在予定の方、夜は9時くらいまで明るいので、ちょっとのぞいてみてはいかがですか?


ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 horikoshi.jpg



イタリア旅行はイタリア専門旅行会社のイタリアエクスプレス

posted by ミラノ情報スタッフ・堀越千鶴 at 22:00| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。